船の体育館展


◎船の体育館展
会期:2018年11月7日(水)〜11月18日(日)
※14日はお休み
※平日は13時から19時まで、土日は11時から19時まで
会場:北浜alley(BOOK MARUTE/206 TU MA MU)
.
◎エキシビジョン
「船の体育館 写真展・映像の上映」
会場:BOOK MARUTE
.
◎ワークショップ
「模型キットで船の体育館を作ろう」
会場:BOOK MARUTE 参加費:500円
※土日のみ開催
.
◎トークイベント
「今、再び注目されるブルータル建築」
日時:11月9日(金)19時〜21時
会場:206 TU MA MU(2F)
参加費:500円
ゲスト:磯達雄(建築ジャーナリスト)
申込みフォーム: https://goo.gl/XDv4EV
.
◎街歩きイベント
「昭和の名建築、船の体育館のことを知ろう!」
開催日:11月11日13:45から
集合場所:ことでん今橋駅
参加費:500円
所要時間:1時間30分
申込みフォーム: https://goo.gl/4EZoD6
または
fune.no.taiikukan@gmail.com まで
.
前回の東京オリンピックが開催された1964年に世界的建築家である丹下健三が設計し完成した船の体育館(旧香川県立体育館)は、残念ながら2014年に耐震工事の入札不調により閉館となり、2018年現在存続が危ぶまれています。
.
船の体育館は香川県において同じく丹下健三によって設計された香川県庁舎に次ぐ知名度があり、そして50年のあいだ「船の体育館」という愛称で香川県の屋内スポーツの殿堂として機能し、県民の思い出が詰まった建築です。もし無くなれば、将来「なんで壊してしまったのだろう、残しておけば良かったのに」と後悔することになるでしょう。
.
閉館から4年がたちましたが、昨年に船の体育館はNYに本部を置くワールドモニュメント財団によって世界危機遺産と認定され、今後の行末についての注目度が高まっています。そして今回、建物をもっと知ってもらう為に展覧会を行う運びとなりました。
.
ご来場される方には船の体育館のことを知るだけでなく、ここでの想い(記憶)を語り合い、今後のあり方も含め、みなさんと一緒に考えていきたいと思います。
.
主催:一社)船の体育館 再生の会
協力:ワールド・モニュメント財団、アメリカン・エクスプレス
.
お問い合わせ先:fune.no.taiikukan@gmail.com
090-4781-7220(代表)

LINEで送る
Pocket

「船の体育館展」への1件のフィードバック

  1. 30年前、船底体育館の近くの商業高校に通っていました。
    当時は存在が当たり前すぎて、見上げても有り難みを感じておりませんでした。
    歳を重ねるごとにあの曲線が美しいと感じて。何故でしょう。不思議ですね。
    今は遠く離れた土地に住んでいますが、目を閉じればすぐに思い出せます。その価値は多くの方が感じているのではないかと想像いたします。
    この活動を知って、ぜひぜひ存続されることを心より祈っております。
    微力ですが、応援しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です