文化庁による補助金制度

重要文化財として登録されたものだけではなく、登録有形文化財となった建物の改修工事費等に於いても、国から50%の補助金が与えられるそうです。【文化財建造物等を活用した地域活性化事業費国庫補助】

まずは、香川県立体育館を登録有形文化財と登録して頂かないといけないですが、築50年以上の規準をクリアしていますし、ガイドラインの再現が難しい物にも該当する建物であると思います。

香川県建築士会のアイデアコンペの提案案のように今後も活用できる可能性があり、閉鎖に至った経緯がコストが掛かり過ぎるということならば、この制度を活用するために所有者である香川県並びに香川県教育委員会は、登録有形文化財にすべく申請手続を行って欲しいです。

「補助対象事業」の中に保存活用計画の策定も含まれていますから、まずは登録有形文化財に登録する手続きを行っても良いのではと思います。
香川県の屋内スポーツの礎になった、多くの県民の思い出が詰まっている建物をもっと大切に考えて、存続する為のあらゆる可能性を検討して下さい!!

—————————————–
文化庁
「登録有形文化財建造物制度のご案内」PDF
—————————————–
条文の重要なところをマーキングして添付していますので、興味の有る方はご覧ください。
文化財01
文化財02
文化財03

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です