まち歩き「昭和の名建築、舟形体育館のことを知ろう!」


「昭和の名建築、舟形体育館のことを知ろう!」
香川県民に舟形の体育館として親しまれていた香川県立体育館は、残念ながら2014年の9月30日で閉館となりました。香川県庁舎に次ぐ香川県を代表する名建築が出来た経緯、そして何故あの様な形状になったのかなど、実際の建物を見学しながら深く知って欲しいと考えています。
また、希望者のみガイドツアー終了後、近所のパテシエyamaにてお茶します。
——————————————————–
開催日:4月23日(日)13:45時から
集合場所:ことでん今橋駅
金額:500円(料金は保険料含む)
所要時間:1時間30分
定員:20人

申し込みフォーム
https://goo.gl/fQKjAc

LINEで送る
Pocket

「まち歩き「昭和の名建築、舟形体育館のことを知ろう!」」への1件のフィードバック

  1. こんな事を進めています。
    観光の活性化と次世代への文化の継承を目的とする事業です。
    村上春樹著「海辺のカフカ」をテーマにしたバーチャルツアー(有料)として2回セットで前半(2/6終了)と後半(2/20)に開催します。
    物語の中で「公営の体育館に行ってトレーニングした・・・」との記述があり、私は、舟形体育館を連想しています。

    NPO法人せとうちJ・ブルー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です